傷つきやすい性格、改善方法と克服方法

日常生活の工夫
スポンサーリンク

傷つきやすい性格のあなたは、人間関係で苦労することが多いのではないでしょうか。

 

人とのコミュニケーションで傷つく場面が多かったり、他人と自分を比べて落ち込みやすかったりしませんか?

 

傷つきやすくない人でも人間関係で苦労することは多いと思います。
そんな世の中で、傷つきやすい人が抱える人間関係での苦労は計り知れないものだと思います。

 

そんな傷つきやすい性格と、それに伴う人間関係での苦労から脱出するために、傷つきやすい性格の改善方法克服方法をご紹介していきます。

 

傷つきやすい性格で人間関係を構築するのに苦労すること

他人が何気なく発した一言で、とても傷ついてしまうことはありませんか?
後で冷静になってよく考えてみると、他人は本当に悪意をもってその一言を発したわけではない場合もあります。

 

ある人から全く悪意が無く「今日は元気そうだね。調子がいいんだ。」と言われたとします。
傷つきやすい人は、「自分が元気でいるのはそんなにおかしいのだろうか。自分が元気でいることをこの人は気に入らないのかもしれない。他人の前でどうやって振る舞えばいいのかわからない。人と関わるのが怖い。」と恐怖を感じてしまうことさえあると思います。

 

あるいは、会社である人が自分の席の後ろを通るときに、たまたま自分のイスにぶつかったとします。
傷つきやすい人は、「自分の姿勢が崩れていて席の後ろの通路が狭まっていて、この人は怒っているのかもしれない。それでイスにぶつかって怒りをアピールしているに違いない。自分はこの人のことを怒らせてしまった。」と思い悩んでしまうこともよくあるかもしれません。

 

このように傷つきやすい人は、他人の言動をなにか聞いたり目にしたときに、とっさに悪い方へと考えてしまう心のクセがあります。
自動的に考えてしまう心の仕組みが備わっているために人間関係で傷つくことが多いのです。

 

人間関係で生じる物事を悪い方向へと考えがちな心のクセがあると、他人に悪い先入観を持ちやすくなってしまいます。
その結果、周囲の人が敵に感じられやすくなり、人間関係を構築することが難しくなってしまうのです。

 

傷つきやすい心のクセの修正方法

傷つきやすい心のクセを持った人は、悪い方向へと物事を考えてしまう思考を少しずつ修正するよう心掛けてみましょう。
自分が必要以上に傷ついて疲弊してしまう状況を回避することで、人間関係の苦労はずいぶんと減ると思います。

 

そのためにはまず、「事実」と「想像上にすぎないこと」をしっかりと区別してみませんか。

 

先ほどの例で言うと、「今日は元気そうだね。調子がいいんだ。」と言われたことは事実です。
しかし、「自分が元気でいるのはそんなにおかしいのだろうか。自分が元気でいることをこの人は気に入らないのかもしれない。他人の前でどうやって振る舞えばいいのかわからない。人と関わるのが怖い。」と感じた恐怖は、想像上の悪いイメージから生じた感情です。

 

この悪いイメージは想像上にすぎないことです。
想像上にすぎないことから生じた感情で傷ついてしまう時間は勿体ないと思いませんか。

 

また先ほどのもう一つの例で言うと、「ある人が自分の席の後ろを通るときに、たまたま自分のイスにぶつかった」という状況は事実です。
しかし、「自分の姿勢が崩れていて席の後ろの通路が狭まっていて、この人は怒っているのかもしれない。それでイスにぶつかって怒りをアピールしているに違いない。自分はこの人のことを怒らせてしまった。」と思い悩んだ内容は、想像上の原因にすぎません。

 

他人の心の中までは想像でしか理解できません。
もしも本当に自分の姿勢が少し悪かったという事実があったのなら、姿勢だけを改善すればいいのです。
その結果他人がどのように思うかまでは制御できないので、後は「なるようになるさ」とどんと構えているしかありません。

この、どんと構えている、というのが難しい人もいるかもしれません。
そこで、「なるようになるさ」というのを口癖にしてみませんか。

 

「事実」と「想像上にすぎないこと」を区別し、「自分で制御できること」と「自分では制御できないこと」に分類して考えてみる。
「事実」のうち「自分で制御できること」に関しては改善してみる。
それ以外の部分は「なるようになるさ」と開き直るしかないのです。

 

「なるようになるさ」と実際は思えなくても、口癖にしてしまいましょう。
自分に「なるようになるさ」と暗示をかけることで、どんと構えていられる心の状態を仮でもいいので作ってしまうのです。

 

「なるようになるさ」を口癖にできたら、いつの間にか以前よりどんと構えていられるようになっているはずです。

 

傷つきやすい性格を分析して心のクセをカスタマイズする

このように、傷つきやすい性格を分析してみると、傷つきやすい人は物事を悪い方向へと捉えてしまいがちな心のクセがあることがわかりました。

 

傷つきやすい人は、「どうしていつも悪い方向にばかり考えてしまうのだろう」と自分を責めてしまいがちです。
ですが、自分を責める必要はありません。

 

長年の間、物事を悪い方向へと考えてしまう習慣が身についていたのなら、それはすっかり心のクセとなってしまうのは当たり前です。

 

傷つきやすい自分だからこそ、いろいろな細やかな部分にまで気づくことができるので、自分を完全に否定してしまうことはありません。
ただ、心のクセが自分を苦しめているのは勿体ないので、修正してみればいいというだけなのです。

 

また、心のクセの修正方法を今まで知らなかったことも悪いことではありません。
今まで知らなかったのなら、これから取り入れていけばいいだけなのです。

 

人には得意不得意があります。
世の中には、心のクセを意識しなくても物事を良い方向へと自動的に考えられるタイプの人もいるのです。
傷つきやすい人は、心のクセを他の人よりも意識する必要があるかもしれません。
「自分は心のクセを自在にカスタマイズできるんだ」とポジティブになって、傷ついてしまう思考のパターンを少しずつ修正してみましょう。

コメント