当ブログ運営者もちかのプロフィール

インフォメーション
スポンサーリンク
もちか
もちか

こんにちは。もちか(@mochikamome)です。

 

うつで休職したOLが人生のやり方を変えてビジネスウーマンを目指すブログ「働き女子になりたくて」をお読みいただいてありがとうございます。
このページでは、ブログ運営者のもちかのプロフィールを書いています。

 

もちかのプロフィール

基本情報

名前(HN):海野もちか
海が好きで、おもちみたいなところが特徴なのでこのHNを名乗っています。
初期は「もちかもめ」というHNで活動していました。
もちかもめの普通の表情のイラスト

もちかもめは当ブログのマスコットキャラクターとなりました。

好きなもの:おいしいスイーツ、文房具、手帳

できること:イラスト・写真撮影・写真編集・Adobe Photoshop

 

新卒~若手社員時代に2度の休職を経験

入社1年目で1度目の休職

入社1年目にして、休職をしてしまいました。

原因は今考えるとひとつではないと思いますが、簡単に言うと「外的な環境面」と「内的な自分の特性」双方がうまく調和せずにストレスがかかったのではないかと思います。

学生時代に思い描いていた自分は、社会のために信念を持って働く自分の姿でした。
入社してみると、年度の業務を去年ベースで淡々と処理していかなければ仕事が回らない現状を目の当たりにしました。
自分の理想と、当時求められた(と勝手に感じていた)働き方のギャップに驚いてしまったのだと思います。

初めは、なんとか周囲に着いていくぞという気持ちで、とにかく気合いが入っていました。
次第に周囲の働き方の感覚に違和感を覚え、イライラすることが増えました。
先輩や上司を信頼したり、頼りにするという域に達することなく、自分の殻に閉じこもってしまったように思います。
だんだんと気持ちが滅入っていきました。
仕事中は血が通っていないような体をなんとか支えるようにしてパソコンに向かっていました。

とても視野が狭くなっていたように感じます。
とにかくつらくて、周囲と自分には全く別の時間が流れているような感覚でした。
自分の見ている世界だけ、なぜかものすごく時間の進みが遅くて、永遠に地獄のような毎日が続くような気持ちに閉じ込められていました。

休日は1日中ベッドで横になっていて、パラレルワールドに転生できないか(←大まじめです)ということをネットで調べては瞑想のようなことを試していました。

とうの昔に好きなことや趣味のことには魅力を感じなくなっていた気分でした。
だんだんと身支度や家事が億劫になり、仕事に行くためだけに呼吸をしている状態でした。

真冬の外で凍えてそのまま雪に埋まって氷漬けになれないだろうか、会社の階段を転げ落ちて大ケガをできないだろうかと常に考えていました。

気絶する方法をネットで検索し、会社のトイレで昼休みに試していました。
それでも身体は頑丈にできているもので、倒れることなく機能していました。
しかし、これからもやっていけそうだという気力も体力もギリギリでした。

なんとか年末年始の休暇を迎え、大晦日のガキ使で全く笑えない自分に少しだけ驚きました。
微熱が続いていました。
実家に帰省していたので、両親やきょうだいもさすがに「あれ?」と思ったようです。

ずるずると新年を迎え、年明け数週間は仕事をしていましたが、ある晩気が付いたら母に泣きながら電話をしていました。

それから病院を何件か受診し、休職することになりました。

薬物療法をとり、自宅で休養する長い長い期間が始まりました。

 

復職して数年フルタイムで働いたものの、2度目の休職

復職して数年は、毎年秋の初め頃のシーズンに体調が悪化するものの、服薬を続けながらフルタイムで働いていました。
どうしてもしんどくなったら、有休をとりつつ、低空飛行で仕事を続けていました。

うつ病は治療しても、完全な元通りの自分の状態に戻ることはないのだと痛感しました。

自分の中では、「さすがに2回休職したらもう会社を辞めよう」と決めていました。
しかし、その2回目の休職を取ることになってしまいました。

新たに始めたカウンセリングでは現職場への復帰を目指すプログラムが組まれました。
「辞めたいという気持ちは、一旦べつの場所によけて、今は元の職場に戻ることだけ考えましょう」

病院には内緒で転職活動をしていましたが、エージェントの方も「転職には体力が必要なのでまずは体調を整えては…」ということを暗に、というかハッキリと言っていました。

悶々とした休職期間を過ごす中で、少し気分が変わったのか、「今の会社にしがみつこう」という考えが浮かびました。
もう一度やり直したい、どうせなら人生がらっと変えるつもりで、バリバリ働いてみたい。

勿論これまでのやり方で通用するとは思っていません。
水面下でしたたかに戦略を練り、なんとか自分の置かれた立場で生き延びる方法をとる必要があると考えました。

これからやっていきたいこと

現在は、「うつになる前の自分に完全に戻ることが難しいのであれば、生まれ変わって新しい人生送ろうや」という気分です。

今まで自分が選択してこなかった行動をあえて取ってみたり、別の自分を作っていく感覚で生きていきたいと思っています。

有益だと思ったことは世の中にどんどん還元していきたいです。
このブログやTwitter(@mochikamome)で発信していきますので、よろしくお願いします。

コメント