【北海道地震レポ】大規模停電の夜のジンギスカン

うつと防災
スポンサーリンク

2018年9月6日木曜日未明、「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」が発生し、それに伴い北海道内全域で大規模な停電が起こりました。

私の住んでいる地域も6日早朝から7日早朝まで、約24時間にわたって停電していました。

 

停電被害の状況

朝起きると、普段時刻を確認するストーブのデジタル時計表示がついていなかったため停電に気づきました。

始めは「ブレーカーが落ちたのかな」と思い、玄関のブレーカーを確認すると異常なしに見えました。

そこでスマホで北電の停電情報を調べようとすると、登録していた市の防災メールが届いていることに気づきました。

「3時8分ごろから市内全域で停電が発生」

「北電によると原因を調査中」

とのことでした。

ここまで広範囲にわたる停電に違和感を覚え、とりあえずLINEニュースを見てみました。

そこで初めて北海道で地震が発生したことを知りました。

Twitterを開くと、トレンドに北海道の地震に関するワードが並んでいます。

同じ道内でも「厚真町」という町の名前も場所も、このとき初めて知りました。

私が住んでいるのは道北地方で、厚真町のある胆振(いぶり)地方からは遠く離れています。

それでも、停電していました。

不幸中の幸いで、停電のみで断水は起こりませんでした。

また、ガスも通常通り使用できました。

 

停電に遭遇して行動できたこと

断水の知らせは無かったがまず水を貯めた

断水はしていないようでしたが、「こりゃいつ止まるかわからないな」と咄嗟に思いました。

そこで、飲料用とトイレ用にそれぞれ鍋類とバスタブに水を貯めました。

冷蔵庫も勿論停電で消えていましたが、少しでも冷えればと思い、ポット類に飲料用水を入れておきました。

停電発生から時間が経過し、「断水は行われない」ことが地元ラジオ放送でわかりました。
SNSで断水の噂が広まり、住民が一斉に水を出したことで水に濁りが発生してしまったようです。
咄嗟に貯水する行動の是非については改めて調べたいと思います。

 

ラジオで地元FM局の放送を聴けるようにした

普段はバッテリーをコンセントにつないで使用していたラジオでしたが、電池でも稼働するようでした。

幸い家に電池の買い置きが少しだけあったので、ギリギリ電池でラジオを聴くことができました。

ラジオ局も停電しており、自家発電で緊急放送を行っている状況でした。

 

土鍋でご飯を炊き、おにぎりにした

停電で炊飯器が使用できなかったため、土鍋でご飯を炊きました。

20分くらいお米を浸水させて、15分~20分土鍋で炊いてみると、香ばしいふっくらご飯ができました。

昼食と夕食用におにぎりにし、常温で置いていました。

 

明るい時間帯のうちに照明となるものを用意できた

ラジオ放送では、午後を過ぎると「明るい時間帯のうちに懐中電灯などを用意しましょう」とアナウンスしてくれました。

趣味でやっている星空写真を撮りに行くときの小型LEDライトがあったので、安心でした。

他にも手持ちの懐中電灯が1本使える状態でした。

しかし、キャンプ用のランタンの電池が無く、電池の備蓄は普段から必要だと感じました。

 

停電の夜の過ごし方

解凍されてしまった食材を消費する

停電で冷蔵庫が使用できず、冷凍室に入れていた食材も夕方になる頃にはすっかり解凍されてしまいました。

夜の時点ではいつまで停電が続くか、わかりませんでした。

昼間に家から見えるスーパーに行列ができていたので今後食料も考えて食べていかなければと思いましたが、溶けてしまったジンギスカンをフライパンで焼いて夕食にすることにしました。

懐中電灯の明かりで照らしながら、フライパンでジンギスカンを焼きます。

 

汁を適度に飛ばし、ジンギスカンの完成です。

昼間に握ったおにぎりと一緒に夕食にしました。

 

ジンギスカンは非常食になるか?

今回の大規模停電では、水とガスが使えたためジンギスカンで栄養をとることができました。

冷凍庫で保存していた場合、溶けるまでの間、保冷剤代わりにもなるので非常食として有効かと思いました。

しかし、ジンギスカンの味付けというのは非常に喉が渇きます

断水が起きている場合は避けた方がいいかもしれません。

 

停電に備えて普段からできること

モバイルバッテリーはいつでも使えるように

今回、停電に遭遇して一番困ったのはスマホの充電です。

モバイルバッテリーはいつでも使えるようにしておくことが大切だと感じました。

私もモバイルバッテリーに関してはひとつ持っていたのですが、充電した状態ではなかったのです。

そこで、ノートパソコンに残っていた電力を使って充電していました。

 

いざというときの現金は必ず手元に

停電時、手持ちの現金が少なかったため、かなり焦りました。

今回は、食材が尽きることなく停電から復旧したのでよかったです。

しかし、もしも食材や日用品、それから車のガソリンが尽きていたらと思うと、ぞっとします。

停電が起きるとクレジットカードや電子マネーは使用できません。

いざというときのために必ず現金は持っておくようにしましょう。

コメント